本文へスキップ




都市の低炭素化の促進に関する法律に基づき、所管行政庁が行う低炭素建築物新築等計画の認定を支援するため、この認定申請に先立って必要な書類を作成、技術的審査を申請し、適合証を取得します。
外皮平均熱貫流率、一次エネルギー消費量を算出し、認定基準を満たしているかを判断、仕様変更が必要であれば指摘、提案致します。仕様等確定いたしましたら、サポートセンターの方で図面への追記作業や簡単な訂正作業を行い、添付資料、申請書類(技術審査依頼書、認定申請書、設計内容説明書)を作成、評価機関へ申請し、その後の質疑応答も含めて適合書が交付されるまでをサポート致します。


住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム
(HOME画面)

住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム(詳細)



外皮計算書(部位計算シート)

外皮計算書(計算結果シート)




長期優良住宅認定申請に必要な書類を作成し、評価機関に技術的審査を依頼、適合証を取得致します。提出していただいた図面をもとに、耐震等級2または3に適合した壁量計算、1/4バランス、柱梁接合部検討、床倍率計算、基礎検討図を作成、そのほか、劣化対策等級3、維持管理等級3、温熱等級4 の基準に適合しているかを確認し、変更の必要な箇所があれば指摘、提案致します。
工務店様は、その提案をもとにお施主様と仕様の変更について打合せ、確定してもらいます。また、維持保全計画、資金計画等についても決めていただきます。仕様等確定いたしましたら、サポートセンターで図面への追記作業や簡単な訂正作業を行い、添付資料、申請書類(適合審査依頼書、認定申請書、設計内容説明書)を作成、評価機関へ申請し、その後の質疑応答も含めて適合書が交付されるまでをサポート致します。


平面図

構造パースモニタ



水平搆面判定評

部材算定結果




「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」エネルギー削減率計算方法に基づき、トップランナー基準における一次エネルギー消費量の算定とエネルギー削減率の計算を行います。尚、推進事業実施年度の公募申請時には、エネルギー削減率の計算部分も代行致します。(計算以外の公募申請書は、ビルダー様ご自身にて作成をお願いいたします)また、エネルギー削減率計算に伴うQ値計算等も別途承っておりますので、ご相談ください。


算定用WEBプログラム画面(断熱)

算定用WEBプログラム画面(給湯)




フラット35設計検査申請に必要な書類を作成し、評価機関に申請、設計合格通知を取得致します。具体的には、確認済証が交付になりましたら、確認申請で使用した図面をもとに、設計検査申請書・設計図書・添付資料を作成し、評価機関へ申請致します。その後の質疑応答も含めて合格通知が交付されるまでをサポート致します。中間現場検査申請・竣工現場検査申請については、検査日時のタイミング等がございますので、書類の作成までをサポートセンターが行い、現場検査希望日の2週間前にビルダー様ご自身により、書類を評価機関へ送付していただきます。





住宅性能評価10区分に基づき、当該住宅の性能を確認し、評価期間に設計住宅性能評価を依頼、設計評価書を取得致します。また、建設性能評価の申請手続きまでをサポート致します。(建設性能評価の施工状況報告書作成、現場検査立ち会い等は行っておりませんのでご了承下さい。)提出していただいた図面をもとに、必要な場合は追記や訂正を行います。添付資料、申請書類(設計性能評価申請書、設計内容説明等)を作成、評価機関へ申請し、その後の質疑応答も含めて設計評価書が交付されるまでをサポート致します。





改正省エネルギー基準に基づき、外皮平均熱貫流率UA値、外皮平均日射熱取得率ηA値、外皮熱損失量q、冷房期・暖房期の日射熱取得量mc・mH、一次エネルギー消費量算定を行います。納品は外皮計算書と一次エネルギー消費量算定書となります。お客様のご都合に合わせ、外皮計算または一次エネルギー消費量のみの算定も承っております。一次エネルギー消費量のみの算定の場合は、お客様で計算された外皮熱損失量q、冷房期・暖房期の日射熱取得量mC、mHを使用致しますので、外皮計算書をご提出いただきます。





住宅の仕様が省エネ等級3以上の基準をクリアしているかを「仕様基準」により判断し、変更が必要であれば指摘、提案致します。同時に住宅で使用する設備機器の性能等について確認し、算定用webプログラムを使用し、一次エネルギー消費量の達成率を算定いたします。その後、添付資料の準備、申請書類(申込書、依頼書、設計内容説明書等)の作成をし、検査機関へ申請、適合証が交付されるまでをサポート致します。





YSサポートセンタースタッフは全てCASBEE戸建評価員の資格を取得致しております。いただいた図面をもとに、CASBEE評価マニュアルに基づきながら、評価書を作成致します。尚、LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅の認定に必要なCASBEE評価書の作成も承っております。