吉田産業に興味を持ったきっかけと入社を決めた理由は?

吉田産業のことはもともとCMを見たことがあって名前を知っていました。また、同じ学校の先輩方が活躍していると聞き興味をもちました。北海道から東北全域という広範囲に拠点を置いている大きな会社ということと「社業の発展を通じ地域の繁栄に貢献する」という経営理念に惹かれ入社を決めました。
 
 

吉田産業の印象は入社前と入社後ではどのように変わりましたか?

入社前にホームページを見て、明るくハツラツとした雰囲気を感じていました。実際入社してみて、ホームページから感じた印象どおり明るい雰囲気であり、仕事と休みのメリハリもしっかりしていてとても仕事がしやすい環境だと感じています。
 
 

現在は主にどのような仕事をしていますか?
担当している仕事の内容と一日の仕事の流れを教えてください。

主に建材、鋼材、板金等の建設資材をフォークリフトやクレーンを活用しての荷下ろし、積み込みを担当しています。在庫管理や倉庫内の整理整頓も行なっています。最近では、板金加工にも挑戦しています。一日の最後には棚卸をします。
 
 

入社してから一番嬉しかったことは?

与えられた仕事をやり遂げられたときに先輩から「ありがとう」「助かった」と言ってもらえたことが嬉しかったです。
 
 

仕事をする際に心がけていることは?

危険を伴う業務ですので、とにかく怪我をしないように安全に気を付けることを心掛けています。また、分からないことは分かるまでしっかり聞くようにしています。
 
 

社会人と学生との違いを一番に感じたのはどのようなことですか?

責任の重さです。学生の時には何かをできなかったり中途半端で終わらせたりしても何とかなっていましたが、仕事は自分一人のミスや中途半端なことをするとお客さんをはじめ社内の方にも迷惑をかけてしまいます。迷惑をかけるだけでなく、すぐに解決できない問題に発展することも多く、仕事の責任の大きさを感じています。
 
 

5年後どのような社会人になっていたいですか?

業務を安全かつ効率よく進められ、上司や先輩に安心して仕事を任せてもらえる社会人になりたいです。また、後輩の憧れになるような先輩でありたいです。
 
 

所属している事業所の好きなところ。良いと感じている社風や雰囲気は?

自分たちで仕事と休憩のメリハリがつけられているところです。それが仕事の効率化につながっていたり、うまく連携が取れていたりする秘訣だと思います。
 
 

新入社員研修での思い出・学んだことは?

新入社員研修で学んだビジネスマナーが社会人としてのふるまいに役立っていると思います。
 
 

自信をもってできるようになったことは?

フォークリフトやクレーンの操作です。はじめは失敗もしましたが、日々の経験の積み重ねにより危険を予測しながらも効率のいい仕事を考えて出来るようになりました。
 
 

初任給はどのように使いましたか?

家族にご馳走しました。親孝行の第一歩が踏み出せた気がしました。
 
 

趣味、休日の過ごし方、最近ハマっていることなど

休日は友人などとスポーツを楽しんだり、ドライブに行ったりします。去年からスノーボードも始めました。
 
 

学生時代に力を入れていたことは?

部活動の野球です。野球部キャプテンとして甲子園を目指して日々練習していました。
 
 

就職活動中の学生にひと言

会社についての情報収集はたくさんしたほうがいいと思います。また、面接練習もたくさん行ない慣れることが大切です。一緒に仕事ができるのを楽しみにしています!
 
 

洞内正哉 原慎 大下幸一 小山内美涼 工藤大樹 小山田望 新澤敬太 中野渡紘己 高田一樹 堀川優衣 中里玲奈 畠山知也 若松稜也 渡辺美羽 千葉実紗稀 西塚和樹