プロフィール
2001年4月に吉田産業に入社、弘前支店管理課に配属。同年6月同支店販売一課建築グループ、2006年1月に青森支店に異動となり建築推進を担当、2013年1月に販売推進グループリーダーとなり現在に至る。一級建築士、一級建築施工管理技士の資格を持っている。高校と大学で建築について学び一級建築士の学科試験はほぼ独学で合格。



仕事の内容・やりがい・面白み
建築設計事務所様に対し、当社が扱っている商材をPRし、設計図に採用して頂くことで、他社より優位な立場で受注できるようにするなど、受注に動く営業担当者のサポートをしています。当社では、折込営業と呼んでいます。建築のプロがお客様ですので専門知識が求められます。日々勉強で刺激が絶えないところに面白みを感じています。



あなたが思う吉田産業の魅力・良いところ
会社の雰囲気が明るいところです。上下関係はきっちりしていますが、壁は無いと感じています。また、本人の意気込みやスキル次第で色々な仕事を経験できるところも魅力だと思います。将来を見越した改革も進んでいて、成長性があると感じています。今所属している青森支店の良いところは、理由はよくわからないけれど何だか居心地が良い点です(笑)。



部下や後輩と接する際に心がけていることは?
声かけをすることです。風通しの良い職場でも若い社員が年上の社員に声をかけるにはちょっとした勇気が必要です。こちらから声をかけて、垣根をなくしていきたいと思っています。また、仕事の説明は本人が得意なジャンルで例え話を交えながらするようにしています。他には、どちらかというと短気なので、感情的にならないように一呼吸おいてから接するように心がけています。



今後の目標・抱負について
若手社員を指導する立場になったので、「青森支店で育った社員は全員優秀だ」と言われるようにどこの支店に配属になっても通用する人材を育てていきたいと思っています。



趣味・休日の過ごし方、最近ハマっていること
最近ハマっているのは、子供の教育、ルアーフィッシング(目標は1.0mのヒラメを釣ること)、地域貢献です。建築士会の若いメンバーと一緒に、子供たちへ建築業界の魅力を伝え興味を持ってもらうための活動をしています。この活動の中で出会った子供たちと将来一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。



就職活動中の学生にメッセージ
私が就職活動をしていた2000年は就職氷河期の真っ只中で将来が見えませんでした。そんな中で自分が生きていくためには何を選べば良いか考え抜き、「営業職は絶対になくならない。営業で食べていこう」と将来像を決めました。その結果、入社当初から充実した日々を過ごしていますので、自分の決めた将来像は間違っていなかったと思っています。数年でガラッと世の中が変わってしまう昨今ですが、ぜひ「10年後20年後に自分がどうなりたいか」を考えて就職活動に望んでいただければと思います。その中で当社とご縁があれば幸いです。頑張ってください。






洞内正哉 原慎 三國将 細越大輝 宇野彰彦 高橋沙良 久保大輔 鎌田千晴 伊東佳城 安達拓朗 渡辺隆司 木村裕哉 田中沙知 中村恭子 遠藤孝斗 小坂駿 後藤滉貴 佐々木佑太