吉田産業に興味を持ったきっかけと入社を決めた理由は?

学校内で開催された就職説明会のブースにて説明を聞いたことがきっかけです。その後説明会にも参加しました。お客様の要望に直に応えられるような仕事に就きたいと考え、就職活動を行なっていた私にとって、社員一体となって仕事に向き合う姿勢が非常に印象に残り入社を志望しました。
 
 

吉田産業の印象は入社前と入社後ではどのように変わりましたか?

なぜかはわかりませんが堅く静かな雰囲気の中で黙々と業務にあたるという印象を持っていました。実際は、社内の雰囲気は明るく会話のある職場だったので印象が変わりました。
 
 

現在は主にどのような仕事をしていますか?担当している仕事の内容と一日の仕事の流れを教えてください。

【担当している仕事の内容】
電話応対や資材の受発注業務、伝票作成を行なっております。

【一日の仕事の流れ】
電話応対をしながら先輩方から預かった伝票を作成したり、受発注のアシスタント業務を行ったりしています。仕事を進めていくと先輩方から様々なアドバイスをいただくのでそれを基に、業務内容の復習を行なって確実に覚えるようにしています。
また、勉強会やカタログ等で取扱商品に関する勉強を行なったりしつつ、「ALTA」という住宅プレゼンソフトを使って実際の図面から3Dモデルを作成したりしています。
 
 

入社してから一番嬉しかったことは?

名前を覚えていただいた時です。電話対応時にお客様に名前を覚えて貰えていたうえに、「電話に出るのが早くて良いね」と褒めていただいた時はとても嬉しかったです。
 
 

仕事をする際に心がけていることは?

常にメモを取るように意識しています。言われた事を忘れないよう、振り返られるようにはもちろんですが、落ち着いて物事を進めるためにも活用しています。私はなんでも早く終わらせなければと焦ってしまうきらいがあるので、メモを見て一旦落ち着いて、間違いが無いか確認できるよう、メモは常に見える位置に置いています。
 
 

社会人と学生との違いを一番に感じたのはどのようなことですか?

責任の重さです。自身のミスが様々な所まで影響するうえに、「知らなかった」では済まされないため、行動の一つひとつに責任が伴うことが学生との大きな違いだと感じました。
 
 

5年後どのような社会人になっていたいですか?

業務を一人で行なえるようになるのはもちろんのこと、「+α」で物事を考え、付加価値をつけた行動を取れる社会人になりたいです。
 
 

所属している事業所の好きなところ。良いと感じている社風や雰囲気は?

楽しく気さくに話しかけてくれる方達ばかりなところが好きです。一人暮らしも弘前という土地も、初めての事ばかりで不安を覚えていたため、声を掛けてもらえることがとてもありがたかったです。
 
 

新入社員研修での思い出・学んだことは?

7月に受講しました「社会人基礎力向上研修」が一番印象に残っています。LIFOやグループディスカッションなど、改めて自分自身がどんな人間なのか客観的に捉え、考え、行動するきっかけになった有意義な時間でした。
 
 

初任給はどのように使いましたか?

生活費として使用し、残りは帰省する際にお土産を買うために使いました。
 
 

趣味、休日の過ごし方、最近ハマっていることなど

休みの日はとことん寝る人なので、今でも休みの日は寝ていることが多いです。他には、同じ趣味を持つ友人と話したりカラオケに行ったりしています。
 
 

学生時代に力を入れていたことは?

参加出来る課外活動には積極的に参加するように心掛けていました。学校外で開催される行事にも進んで参加し、様々な事柄を経験することは自分にとって糧となると考えていたためです。
社会人となって、自ら進んで取り組み経験することが大切だと改めて痛感しています。
 
 

就職活動中の学生にひと言

自分の好きな事をめいっぱい出来るのも、学校に属しているからこそ出来る経験や出会いがあるのも、学生の特権だと思います。友人と遊ぶもよし、勉学に励むもよし、何かに挑戦するもよし。今しか出来ない、充実した学生生活を楽しんでほしいです!
 
 

洞内正哉 原慎 大下幸一 千葉彩乃 畠山知也 若松稜也 寺口遼 渡辺美羽 千葉実紗稀 西塚和樹 松坂裕人 川戸汰一 伊勢谷陸 飯岡那奈子 奥山大河 古川徹 山崎実伽