吉田産業に興味を持ったきっかけと入社を決めた理由は?

震災をきっかけに建物の重要性を感じました。「吉田産業」であれば、地元で建築に携わることができると感じたことがきっかけで入社を決めました。これから地元の「重要な」建築物に多数携わっていきたいと考えています。
 
 

吉田産業の印象は入社前と入社後ではどのように変わりましたか?

吉田産業はアイスホッケー部等、スポーツも盛んなため、入社前はなんとなく体育会系のイメージが強くありました。でも実際は、決してそんなことはなく仕事のしやすい環境にいます。飲み会も思っていたよりあまり多くない印象です。
 
 

現在は主にどのような仕事をしていますか?担当している仕事の内容と一日の仕事の流れを教えてください。

【担当している仕事の内容】 
建設現場における施工管理です。先輩社員に同行して、現場に訪問し、現場監督との打合せの仕方や資材の発注方法、見積の作成等勉強しながら実施しています。

【一日の仕事の流れ】 
現場の進捗具合で日々変わります。
基本的には、午前中から建設現場へ先輩と同行訪問し、事務所に帰ってきたら内勤業務(資材の発注業務や見積り作成、資材の調査等)を行なっています。
 
 

入社してから一番嬉しかったことは?

自分が少しでも携わった建物が完成を迎えた時です。
 
 

仕事をする際に心がけていることは?

話はメモを取りながら聞くということを心掛けています。また、分からない点は、理解できるまで聞くようにしています。分からないまま進めないようにしています。
 
 

社会人と学生との違いを一番に感じたのはどのようなことですか?

「最後までやり遂げる」ということの重要性を改めて感じました。何事も中途半端にしておくことなく、かつその事に責任を持って行なうことが社会人として重要だと実感しています。
 
 

5年後どのような社会人になっていたいですか?

「基礎工事」は任せてもらえるようになりたいです。また、何か失敗が起きてしまった時のような不足の事態に柔軟に対応できるようになっていたいです。
 
 

所属している事業所の好きなところ。良いと感じている社風や雰囲気は?

メリハリがきっちりしている所です。真剣に取り組むべき場面はもちろん真剣に。ふざけていい場面では思いっきりふざけています。
 
 

新入社員研修での思い出・学んだことは?

「社会人としての心構え」を学びました。入社したと言ってもやはり最初はどこか大学生気分が抜けずにいましたが、研修を行なったことで、社会人として気持ちを切り替えることできました。
 
 

初任給はどのように使いましたか?

家族みんなにそれぞれプレゼントを購入しました。
 
 

趣味、休日の過ごし方、最近ハマっていることなど

マイカーで友達と出かけることが大好きです。運転が飽きるくらい遠出することもあるほどです。
 
 

学生時代に力を入れていたことは?

主に課外活動に力を入れていました。あえて面倒そうなアルバイトやサークル活動に参加していました。
 
 

就職活動中の学生にひと言

自由に使える時間が多い為、自分が何に興味を持っているのか、または持てるのか、その時間で調べたり体験したり、自分の中で把握しておくことが将来必ず役に立ちます。
 
 

洞内正哉 原慎 大下幸一 千葉彩乃 畠山知也 若松稜也 寺口遼 渡辺美羽 千葉実紗稀 西塚和樹 松坂裕人 川戸汰一 伊勢谷陸 飯岡那奈子 奥山大河 古川徹 山崎実伽